2015/2/7 野鳥散歩

 今の時期は余り花のない時期なんだが、かえって樹々には葉っぱがなく、鳥を見るのには都合が良い。

 ということで、今回は少し足を伸ばして横浜郊外のN山駅近くの大きな公園に行ってみることにした。

 今回は小鳥観察がメインなので、久々デジイチと三脚を引っさげて公園に向かったのである。



 花はないとはいえど、全くないわけではなくフクジュソウが咲き始めていた。

画像




 
 お、早速、池の畔の枝にまん丸い鳥が・・・

画像



 なんとかわいい。

 ジョウビタキのお嬢さん。

画像



 柳の芽をついばんだり・・・

画像



 羽にある白いワンポイントがおっしゃれ~なのだ。

画像



 よく見れば、アンバーな眉のラインもキリリ。

画像




 あら、ぼけぼけ。

 コゲラ。

画像



 しきりに幹をつついている。虫を探しているんだろう。

画像



 画面には2羽のコゲラ。

 他にも2羽ほどが近くにいた。

 桜の木のマチエルによく似た羽の模様だ。

画像



 よく目が回らないね、キミ。

画像



 キツツキの仲間は尾羽が硬く、脚だけでなく、尾羽も使って身体を支えているらしい。

画像




 コゲラのいた桜の木の下にいたのは?

画像



 頬が白く、背中が淡い緑で綺麗なシジュウカラ。

 (ホオジロではありません)

画像



 
 小さくとも、すっくと立った姿は凛々しいものがある。

 恐竜の子孫だけのことはある。

画像




 相方Kが、小声で呼んでいる。

 ・・ゲラ・・ゲラ

 ??


 おおお!

画像



 あのレッドモヒカンは、アオゲラじゃないの?!


 三脚が間に合わん。

 仕方ない手持ちで・・・

 ここは暗いぞ・・

画像




 ボケボケだなぁ。

画像


画像




 場所を変えた。

 草原に茶色い大きめの小鳥。

 ツグミだ。

 地味だがよく見れば、粋なコーディネートのセンス。

画像


 目の上の白いラインがいいね。

画像





 また別の場所で。

 地面をガサゴソ。

 動きが早いし、警戒心が目に現れてる。

 シロハラ。

 この後、すぐに草むらに逃げ隠れてしまった。

画像





 マンサクの花が満開だった。

 まず咲く、まんさく。


 黄色いマンサク。

画像



 赤いマンサク。

画像




 大きな池の畔の柳が紅色の芽を付けていた。

画像




 この公園にある大きな池には小魚も沢山いるらしく、カワセミが住んでいる。

 天気の良い日はちょうどよいとまり木にとまって写真のモデルになっている。

 そんな時は、バズーカなズームレンズのおじさんが池の畔にひしめき合う。

 今日は、一回、水面近くをヨシ原に向けて一直線に飛び込んで行くのを見ただけで終わってしまった。

 バズーカなおじさんも一人も居なかったし。



 その代わり、って訳でもないが、アオサギがぐーたらしていた。

画像



 近くに魚が来たのが見えるのか、時折水面に向かい首を伸ばしていた。

画像





 池の向こうの高い木の上に、何やら黒い鳥。

 猛禽? トビ?

 いや、カワウでした。

 とは言え獰猛なお顔。

画像





 まだ鳥観察の、カメラの使い方や三脚の使い方が分からんな。

 じっと待つのがコツなのは分かるんだが。

 ズームで拡大していると、どこを見てるんだが分からなくなるし。

 なれないとアカンな。



 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック