7月 暑いのに御岳ボルダ-へ

 7月12日。

 梅雨の中休み。

 行けるうちに岩に触りたいという相方Kのたっての願い?で、ボルダリングをしに久々に御岳渓谷へ。


 朝、玄関を開けたらカブトムシ君がいた。

 留守番してもらうわけにもいかず...

画像



 八王子からレンタカーを借りて、御岳渓谷へ。

 当初予定していたトンネル近くの無料駐車場は9時にしてすでに満車。

 仕方がなく、発電所エリア近くの有料駐車場に車を置いた。

 駐車場から降りればすぐに御岳渓谷、杣の小橋。

 林の中を川に降りていく。

画像



画像



 この時期、御岳渓谷はラフティングやカヌー、カヤックの人で賑わう。

 ラフティングはいくつかの業社が講習会を開いているようだった。

 道の脇に重ねられたゴムボート。

画像



 右岸から杣の小橋を渡り左岸へ。

画像




 9:20にはすでにカヌーが数台。ラフティングのボートは待機中。

画像




 予定の駐車場に車を置けなかったので、下流のボルダーに行くのは止めて、杣の小橋のすぐ下のボルダーへ。

 杣の小橋が僅かな日陰を提供してくれる。

 室井さんのトポでは発電所エリアの I 岩。

画像



 I 岩の近くはちょっと平らな砂利の河原があるのでラフティング教室のスタート地点になっていた。

 待機中のゴムボートでは数人のインストラクターと思われる人達が談笑していた。インドかパキスタンあたりの人のようだった。

 やがて日本人のインストラクター達とともに生徒の集団がやって来て、注意事項などレクチャーのあとゴムボートに乗り込んでいった。

画像





 ボルダーエリアはほとんど日陰がなく、ほぼ真上からの陽射しで暑い。

 この I 岩には前にも何回か来たことがある。

 久々なので、易しい8級課題から足慣らし。

画像



 身体はコチコチに硬いが、なんとか?クリア。

画像



画像




 川のそばなので吹く風はそこそこ涼しいが、ジリジリと陽が暑い。


 黒いクラッシュパッドの面も熱い砂浜のよう。


 川遊びが羨ましい。

画像




 次に昔はできたI 岩 25番 6級課題にトライ。

 イガムズ。

 2,3回トライしてコツを掴んでなんとかクリア。


画像



 
画像




 相方KもOK,。

画像




 I 岩の向かって左側の24番7級。

 ここは以前もできなかった所。


 今回も色々試すがクリアならず。というか一手目もよく分からない。

 相方Kもクリアせず。

画像




 そうこうするうちにお昼少し前...

 暑い中、踏ん張って疲れた。

 早昼に。



 岩の上は、風が涼しい。

画像




 午後は場所を変えることに。

 涼しい所があればよいのだが。

 杣の小橋を渡り返し右岸へ。

画像




 川から少し離れた遊歩道は木陰があって、まずます涼しい。

画像




 とはいえ比較の問題で、熱いことには変わりがない。

 川が羨ましい。

画像




 いつもならそこそこ人気のあるボルダ-”デラシネ”も人がいない。

 こんな暑い時に御岳でボルダーやろうという輩は、やっぱり少ないか。

 デラシネは久々取り付いてみたかったが、熱中症必至で断念。

画像




 家から持参の水筒も、コンビニで調達した冷凍飲料も底をつき、玉堂美術館の売店の自販機で冷たいお茶を調達。

 木陰で休む。


 タマアジサイ。

 まだまんまるい蕾だった。開花したものはほんの少し。

画像



 黄色いきのこ。

 いろいろ調べたが名前分からず。

 レモン色の傘が綺麗なきのこだった。

画像


画像




 そうこうしている内に睡魔が襲ってきた。

 日陰でマットを広げられる場所を探す。

 ピンチ・オーバー・ハング、という有名なボルダ-の傍に木陰がありそうだ。

画像




 塩梅良く、木陰に平場があった。

 他に誰もいないので、クラッシュパッドを広げ、ベッドに。

 クラッシュパッド、便利である。

 しばしお昼寝。



 近くに立派なネジバナ。

 綺麗な花だな。

画像



 暑さで疲れたので、ボルダリングはもう辞めにして、辺りを観察しながら駐車場に戻ることに。


 橙色のきのこ。

 トガリツキミタケのようだ。

画像


画像



 イッポンシメジの仲間らしい。

画像





 とにかく暑い川遊びが羨ましい一日だった。


画像



画像













この記事へのコメント

この記事へのトラックバック