久々の雪山 奥大日岳へ その3 奥大日岳、そして下山

 ・・・承前。

 11:00。 奥大日岳の山頂に到着。

 2611m。


 Kjyさんに一枚撮ってもらった。

画像



 こちらはKjyさんのFBから戴きました。
 
 Mmtさんと3人で!

画像




 広い山頂だが、北側には雪庇が張り出しているのであまり動き回れない。


 登ってきたルートを振り返る。

 立山のすぐ上空の雲が妖しい。

画像



 立山三山のアップ。

画像



 さて、天候が下り坂。

 こちらも早く下らないと。

 山頂滞在10分あまりで下りへ。


 12:43、室堂乗越を過ぎて尾根から雷鳥沢に降りる。

 振り返ると奥大日岳が大分小さくなっていた。

画像



 立山三山の山頂が雲に包まれていた。

画像





 少し前からシャリバテ気味になっきていた。

 足が重い。

 運動不足で筋肉が萎えて、腿に力がないらない・・・

 下りは相方Kが先頭。

 小生が遅いので、グイグイ引っ張っているようだ。

 ”ちょ、ちょっと待って。息を整えるから・・・”

 体制を崩しそうになると、一旦立ち止まって息を整えないといけない。


 13:00。尾根からの急斜面を降り、ここからは雷鳥沢の幕営地まで斜面が緩やかになる。

 ザイルを外し、ピッケルをストックに替える。


画像

 

 他の皆はズンズン降りて行くが、どうも足に力が入らない。

 そして左腿の付け根、関節?に痛み・・・!

 左足を持ち上げると足の付根が痛む。

画像



 なんとか雷鳥沢まで下る。

 雷鳥沢で皆が待っていてくれた。

 ”左大腿の付け根が痛み、足を前に振り出せなくなりました~”

 あ”~。運動不足がたたったなぁ。


 皆さん、一緒にゆっくり歩いてくれる。

 小生は左脚を半ば引きずるように一歩一歩、ちびちび進む。

 雷鳥沢の幕営地に13:30。

 なんともなければ雷鳥荘まで急登して30分くらいのところを、圧雪した一般ルートをちびちび進む。


 13:40、雷鳥沢ヒュッテの屋根が見えた。

 雷鳥荘はまだまだ上だ。

画像



 ここの坂がつらかったなぁ。

 とにかく、一歩一歩。

 つづらになった坂道を折り返しながら進む。


 14:04、雷鳥沢ヒュッテと雷鳥荘のちょうどまんなかあたり。

 左手の斜面からこちらに近づいてくる小さなカタマリ。

 雷鳥だ!

 脚がなんともなければ、早足で近づいて写真を撮るところなんだが・・・

 一応写っているけれど、分かるかな??

画像



 14:09、やっと雷鳥荘の屋根が見えた。

画像



 14:20。雷鳥荘に到着。

 皆さん、ありがとうございました。


 シャリバテで何か食べたかったけれど、それ以上に疲労が勝り、部屋に戻ってそのままダウン。

 2時間爆睡。

 起きたら、あちこち筋肉痛。

 とりあえず、温泉に浸かり、ストレッチ。


 いくらか回復。アイゼンつけていないいまは足の付根も痛みがない。

 良かった。

 しかし、明日の登攀が心配だ・・・




 と心配する前に、どうやら天候が悪化の方向。

 今晩から明日にかけて風が強くなる。

 明日の状況次第で、龍王岳東尾根のクライミングは止めて雪訓にするかも・・・



 夕飯は、鶏の紙鍋。昨日とはメニューが違う。

 井筒ワインで無事の登山を乾杯。




 そして翌日、5/1。

 ホワイトアウト。

 霧雨になったり、アラレになったり。

 要は雲の中。

 風も強いし、さらに強くなりそう。

 新雪がまた積もったので、雪訓も難しい。

 という訳で2日目の予定は中止になり、早々に下山することに相成った。


 8:20、雷鳥荘の前で記念写真。

画像
 


 室堂ターミナルへ・・・


 うへ~。

 吹雪。

 視界悪っ!

画像



 30分ほどで室堂ターミナルに到着。


 Kjyさん、Mmtさん、本当にありがとうございました!!




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック