2016/06/19 蓼科山荘バードウォッチング教室 その2 朝

 ・・・承前。

 夏至近いこの日の日の出は4時半ごろ。

 蓼科山の山頂でご来光を拝みたい人達は3時半ごろからごそごそ支度をはじめていた。

 蓼科山までは40分くらいで行けるが、山頂が広くて結構あっち見たり(東の日の出)、こっち見たり(北西の北アルプス)が大変なんだな。

 蓼科山の山頂はまだ2回くらいしか言ってないぞ...


 4時10分くらいに起きて、準備をしてある場所に・・・


画像




 そう。山荘からほんの少しの展望地。

 夏至近い日の出の方向の真東は前掛山で隠れてしまうが、南八ヶ岳方面は綺麗に見える。

 秋ならご来光も楽しめる。


 というわけで、この楽ちん展望地で日の出の景色を楽しむのだ。

画像



 iPhone でタイムラプスムービーを撮影する。

画像




 前方の枯れ木に少し大きな鳥。

 ギャーギャー鳴いていた。

 シルエットで分かりにくかったが、どうやらホシガラス。

画像




 次に来たのは、どうやらルリビタキ。

 左を向いた小鳥のシルエットが分かるかな?

画像



 だんだん空が光り始めてきた。

 日の出が近い。てか、まだここからはお日様は見えないが、もう日の出の時刻は過ぎているに違いない。

画像



 4:52、蓼科山が色づいた。

画像



 真東にお日様が見えた!

画像




 蓼科山荘将軍平の朝








 蓼科山荘の朝の佇まい。

画像



 つづく・・・・



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック