食事

食事は胃ろうからなので味が分からない。

そこで相方が工夫してくれた。

背中を倒して仰向けになって、まくらを首の下に入れる。

すると口がぽかんと開く。

この態勢ちと苦しいのだがいたしかたない。

その口にフルーツのジュースや

ミネストローネなどのスープを入れてくれる。

数少ない楽しみの一つだ。

何を入れるかを教えてもらう時に

よく聞こえないことがあるのが残念。。。

(難聴が、なかなか良くならなくて。)

IMG_9926.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

光本育郎
2021年01月27日 22:54
すばらしい。胃ろうにしてから結構時間がたっていると思うが、咀嚼して味を楽しめるんだね。久美さんの枕の工夫で味がもどってきたんだ。乾杯!
氏家珠実
2021年01月27日 23:27
素敵なアイデアですね。固形物は難しくても液体でしたらうまく行くのですね。お二人ともどうぞ頑張ってください。