テーマ:山の風景

2017/05/26 八ヶ岳へ ALSな日々

Adaptive Life Soundings な日々 5/25の金曜日に弟から土日一泊で八ヶ岳辺りへドライブに行かないかの誘いあり。 美濃戸のことも考えてくれてる…。 しかしなあ、今の状態では宿泊はハードル高い。頸椎カラーしていても長く歩くのは辛いし、まして山みちは無理。 残念だけど、弟にだけでも今の時期の美濃戸…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2017/01/01-03 上高地・中の湯 その6 おまけ

 ・・・承前。  13:00 釜トンネル横にある中の湯の売店に寄って、送迎車を呼んでもらう。  10分くらい待って送迎車来る。  13:30には 宿へ。 早い。  疲れた。肩から首がだるい。  部屋に戻り、着替えて、そのまま横に。  15:00、相方Kにに先に温泉行ってもらう。  15:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017/01/01-03 上高地・中の湯 その5 昼飯食べて大正池へ

 ・・・承前。  エビビスクスープに、パン、鱒寿司byコンビニで昼食。  食後はコーヒー!  家で挽いてきたキューバ・クリスタル・マウンテン。  携帯ドリッパーで。  いやぁ、幸せ。  空を見上げると、雲が虹色に。  上空の氷晶が作る芸術。 彩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017/01/01-03 上高地・中の湯 その4 小梨平からウェストン園地

 ・・・・承前。  河童橋を過ぎてさらに奥へ。  小梨平に進む。  小梨平のキャンプ場から梓川の河畔へ。9:40。  ここからの穂高の姿がまた見事なのだ。  9:48、記念写真。  まだ下界に陽が射していないのでフラッシュを炊いたが遠かったのか、コントラストつき過ぎ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017/01/01-03 上高地・中の湯 その3 河童橋へ

 ・・・承前。  雪の穂高はいいなぁ。  カシミール3Dで..  木道の探勝路を進む。  7:30、梓川河畔の雪原が広がった場所に出る。  穂高を眺む。  ここでスノーシューを装着。  履かなくても歩けるけれど、折角担いできたのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017/01/01-03 上高地・中の湯 その2 釜トンネルを超えて大正池へ

 ・・・承前。  4;27起床。  お弁当。 最密充填おにぎりに焼き魚一切れ、ソーセージ。  5:40 準備してロビーへ、。食堂でテルモスにお湯を入れてもらう。  早めに山靴履いて待機。  6時、我々だけ。マイクロバスで釜トンネル入り口まで送ってもらう。  6:07 釜トンネル入り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017/01/01-03 上高地・中の湯 その1 中の湯温泉へ

 漸く?、今年(2017)の記事。  雪山に行きたいね。  夏から左手に力が入らない。  頚椎ヘルニアによる神経根症と言われ、大学病院に通っている中、いわゆる登山は難しい。  スノーハイクならというこ相方Kの発案で冬の上高地を訪れることに。  で、準備のため2016の12/24に神保町の石井スポーツ登山本店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016/12 鷹取山 ボルダリング&スケッチ

 今回もだいぶ前の話。  2016年12月の4日と18日の2回、鷹取山へ。  相方Kは久しぶりのボルダリング、小生は左腕の調子が悪いのでスケッチブックを持って出かけたのでした。 ■12/4  岩登りは本当に久しぶり。  8月の劔岳Cフェースは小生の体力不足で敗退したので、きちんとした岩登りはその前の7月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016/11 三ツ峠NW 雪の三ツ峠

 しばらく更新が滞りました。  ちょっと古いですが溜まっている記事を随時更新。  今回は2016/11/26-27の三ツ峠のお話。  ボランティアで参加している三ツ峠NWの例会でした。  行きの電車が遅れたりのアクシデントがあったものの、石和温泉駅でYmtさんの車に拾ってもらい登山口へ。  登山口は雪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11/20 興因寺山山行

 年の瀬に、ばたばたと記事を更新しています。  今回は11月に歩いた甲府の興因寺山山行。  854mの低山ですが、誰にも会わず静かな紅葉狩りが出来ました。  4:30 起床。  あたり一面の濃霧。  6:30 出発。  コンビニで昼食 、おにぎりを調達。  八王子 8:01 発のあずさで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年9月 三ツ峠NW その3 翌朝はすっかり良い天気

 ・・・承前。  4:40 起床。 まだ暗い。  5:31が日の出だ。    タイムラプス撮影準備して外に出た。  富士山のシルエットくっきり。  月も出ている。  iPhoneにクリップ式の広角レンズをつけてなるたけ東が写るようにセッティング。  暗くて富士山の位置や水平が分かりにくい。が、なん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年9月 三ツ峠NW その2 どしゃぶりの雨の中で・・・

 ・・・承前。  三ツ峠山荘についたのはお昼前。  小屋の中で早めの昼食をとった。  カコも眠たそう。  昼食後、遅れてきたSzkさんを待って作業に出かけた。  この時は雨は小ぶり。  植生保護のための防鹿柵内の手入れが本日の作業。    人が手入れしないと、木はどんどん育って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年9月 三ツ峠NW その1 きのこも沢山、おどろきのトリカブト

 次第に秋深まる10月半ば。  書きたい記事が溜まっています。  今回は9月24-25日に参加した三ツ峠ネットワークの模様。  1日目は雨、でした。  9月24日、土曜日。  富士山駅でYmtさんにピックアップしていただき、三ツ峠山登山口へ。  雨がポツポツ。  樹林帯の中なので、傘はさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年8月 劔岳八ツ峰Cフェース敗退の巻 その7 下山

 ・・・承前。  5時過ぎ、日の出。  パノラマで。クリックすると大きくなります。  6:43、出発前にみんなで記念写真。  下山と言っても、まずは別山乗越(べっさんのっこし)まできつい登りが待っている。  半分くらいで小休止。  振り返れば、剱岳の勇姿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年8月 劔岳八ツ峰Cフェース敗退の巻 その6 長次郎谷から剣沢へ 

 ・・・承前。  長次郎谷(ちょうじろうたん)雪渓。  いやはや急である。  小生、急勾配の雪渓歩きが大の苦手。  少しでも滑るとへっぴり腰になってしまう。  足に力が入らないので腰を落とせない。サイドステップでおそるおそる降りる。  わやだわ、まったくもう・・・  さてここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年8月 劔岳八ツ峰Cフェース敗退の巻 その5 八ツ峰Cフェースを眺めて

 ・・・承前。  長次郎ノ頭の元、長次郎谷(ちょうじろうたん)左俣源頭部。  点の記の長次郎さん達が登ったルートを下りている。  ここから下は、融解が進んでいる雪渓が待っている。  軽アイゼンを装着し、ピッケルを出す。  チシマギキョウに別れを告げて、さあ出発だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年8月 劔岳八ツ峰Cフェース敗退の巻 その4 剱岳本峰そして鎮魂の長次郎ノ頭

 ・・・承前。  朝1時、起床。  食堂で、昨日のうちにもらっておいた弁当で早朝食。  食堂にサービスで置いてあるオニオンスープを戴く。  雪渓の状態が悪いので、本峰から長次郎谷に降りることになった。  なんと! 剱岳本峰がアプローチとは。  2時前。玄関。  ロープをひと束預かる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年8月 劔岳八ツ峰Cフェース敗退の巻 その3 剣山荘にて

 ・・・承前。  剣山荘。    部屋は称名。  7人部屋である。  先行して今日も登攀をしたガイド、岩の師匠のKjyさんと先日の小川山で一緒だったTkgさん、Nokさん、そして別行動で今日合流したSknさんが先に小屋に入っていた。  皆さんお昼寝中だった。  Kjyさん、Tkgさん、N…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年8月 劔岳八ツ峰Cフェース敗退の巻 その2 剣山荘へ

 ・・・承前。  観光客に混じり室堂平を歩く。  足元にウメバチソウ。  立山にはガスがかかっていて見えない。  でも少しづつ青空が見えてきたぞ。  雷鳥沢のテン場に向かって降りていく。  この辺になると観光客はほとんどいなくなり、登山者だけになる。  大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年8月 劔岳八ツ峰Cフェース敗退の巻 その1 室堂へ

 さても世の中は10月に突入。  あれよあれよという間に秋の気配も次第に深まる今日この頃。  今回は8月の初めに計画していた剱岳八ツ峰Cフェース登攀敗退のお話・・・・  少し長くなりそうだけど。  まずは室堂まで。  今回は初めて北陸新幹線を使い富山周りで室堂に向かったのでした。  さて・・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016 蓼科山荘きのこ教室 その5  2日目 閉会

 ・・・承前。  少し休んで、また辺りのきのこ観察へ。  ハナイグチ、結構沢山。  苔の中に佇む姿は最高だな。  苔の中に小さなきのこ達。  手前の条線のはっきりしている紡錘状のきのこはヒメコガサ。  奥の饅頭型の傘のきのこはおそらく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016 蓼科山荘きのこ教室 その4  2日目 下山

  ・・・承前。  昨夜の予報では朝から雨らしかった。  日の出は5:20くらい。  晴れならば暗いうちから日の出を見に行くのだが、雨ならと少し寝坊?!  とはいうものの5:00過ぎには目が覚めた。  あたりはもう大分明るい。  雨は・・・、あら・・・ 降ってないじゃん。  カメラを持って、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016 蓼科山荘きのこ教室 その3 山荘にて

 ・・・承前。  登りながら採取してきたきのこを山荘のテラスのテーブルに広げた。  順番に・・・  手書きでない札は昨年パウチで作ったものだ。  まだ用意できていない名前は手書きで・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016 蓼科山荘きのこ教室 その2  山荘へ

 ・・・ 承前。  おおお!りっぱなきのこだ。  苔の間に存在感の溢れるきのこ。  オオウスムラサキフウセンタケ。  日本では亜高山帯や北海道のシラビソやオオシラビソ、コメツガ林のコケの中に発生する。  毒成分は不明だが、胃腸系の中毒を起こすらしい。  不快な刺激臭があるので、そもそも食べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016 蓼科山荘きのこ教室 その1 きのこを見ながら

 9月シルバーウイーク。  せっかく連休の合間も休みを取ってびすた~り山行を考えていたのですが、台風に刺激された秋雨前線で天候がずーっと思わしくないので、まったりと過ごしています。  8月頭の剱岳敗退山行の記事をまだ書けていないのだけれど、季節もの?のきのこ教室の方を先に書いてしまいましょう。  9/1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月 小川山クライミング その2 南稜ルート マルチピッチ

  ・・・承前。  今日は屋根岩3峰の南稜レモンルートを目指す。  天気晴朗。  屋根岩が金峰山荘の屋根の上に。  昨日登ったガマルートの頂上もよく見えた。  8:00出発。  記念写真。    ガマスラブに比べ、アプローチが少々長い。  取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月 小川山クライミング その1 ガマルート マルチピッチ

 三つ子台風の最後のライオンロック(台風10号)のおかげで天候不良な8月の最後。  涼しいのはいいけれど、蒸しますね。  さて、今回はもう一ヶ月前の山行。  久しぶりの小川山でしたが、今回は初のマルチピッチ。  一日目はガマスラブ。いつも一番下のゲレンデでの講習ばかりでしたが、今回はガマルートでガマスラブの頂上を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月の三ツ峠 その5 いろいろな虫

 ・・・承前。  いろんな虫にも出逢った。  フサフサの襟巻き。  シャチホコガの仲間の幼虫。  白と黒のツートーン。スタイリッシュな柄。  シロモンクロエダシャク。  色んな所で目についた。  成虫は変異著しいらしい。  交尾しているつがい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三ツ峠ネットワーク 7月例会 2016/07/23-24

 7/24,24と久しぶりに三ツ峠ネットワークに参加しました。  三ツ峠ネットワークは、花の山である三ツ峠の脆弱な生育環境を保全するために、侵略性植物の除去や鹿防護柵の設置や手入れなどを行っているボランティア団体です。  夭逝した写真家・ジャーナリストのKAZさんに紹介され2011年から参加しています。  毎月例会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more