テーマ:植物のある風景

2016年11月のきのこ散歩

 霜月・・・  最近は時々しかアップできませんが・・・  昨日(11/5)に近所のきのこ散歩へ・。  9月から気になっていた、きのこのタマゴのその後を確認しに行きました。  あら、まだタマゴのまま。    干からび始めているのか・・・  と、近くに!  スッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年9月 三ツ峠NW その5 雁ノ穴

 ・・・承前。    北富士演習場の西に雁ノ穴という地形がある。  2つの溶岩洞穴と溶岩樹形が沢山(16個)あるところだ。  溶岩樹形は溶岩が流れたときに立木が燃えて、樹形だけが竪穴として残った地形だ。  ここを訪れた。  大きな溶岩洞穴の一つが、実は小噴火口ではないかと最近言われてお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年9月 三ツ峠NW その4 北富士演習場

 ・・・承前。  9/25。  朝食後早々に三ツ峠を降りて、途中2日目だけの参加者と待ち合わせをして北富士演習場へ向かった。  自衛隊の演習を見に・・・ではなく、演習場の中の溶岩台地で花の観察会なのだ。  特別な訓練のない土日は自由に演習場に入ることが出来るのだ。  車で半周したあと、中央道の終点付近の溶岩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月の三ツ峠 その3  レンゲショウマ 他

 ・・・承前。  7月の下旬で、まだ期待はしていなかったのだが意外と沢山のレンゲショウマに出逢えた。  やはりどこも花の開花は1ヶ月ほど早いのだろうか。  ホワイトチョコのチョコボールが宙に浮く。  蕾ばかりでなく、上に上がるに連れ開花した花も多かった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月の三ツ峠 その2 続・いろいろな花

 ・・・承前。  リョウブの花。  飢饉の際に利用された「救荒植物」。 葉を蒸して食べたらしい。  オカトラノオ。  サクラソウ科オカトラノオ属の多年草。  白色の小さな花を茎の先に総状につけ、下方から開花していく。  サンショウバラの実。  この木には鋭い棘があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月の三ツ峠 その1 いろいろな花

 8月も終盤。    なかなか記事をアップできないでいました。  もうひと月前の内容ですが、7月23,24日と三ツ峠ネットワークの例会で三ツ峠山に行った時に出逢った花、きのこ、昆虫たち。  まずは、花の数々から。  アジサイもいくつか。  ヤマアジサイ。  園芸種にはない清楚な感じ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三ツ峠ネットワーク 7月例会 2016/07/23-24

 7/24,24と久しぶりに三ツ峠ネットワークに参加しました。  三ツ峠ネットワークは、花の山である三ツ峠の脆弱な生育環境を保全するために、侵略性植物の除去や鹿防護柵の設置や手入れなどを行っているボランティア団体です。  夭逝した写真家・ジャーナリストのKAZさんに紹介され2011年から参加しています。  毎月例会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016/07/02 花散歩

   ・・・承前。  きのこ散歩と同時に花も愛でた。  雑草の中にネジネジとピンクの小さい沢山の花。  ネジバナ。 捩花。 またの名をモジズリ。  茎が捻じれながら花を咲かせている。  れっきとした蘭の仲間。    観察を続けているキンラン。  残念ながら実は見当たらなかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016/06/19 蓼科山荘 バードウォッチング教室 その4 御泉水

 ・・・承前。  雨の中、御泉水に向かった。  あまり強い雨ではない。  林の中なので、傘もいらないか・・・・  サラサドウダンがお出迎え。  上等なガラス細工のグラスのような花なのだ。  御泉水の中には湿原があり、周遊する木道がある。  コバイケイソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016/06/18 蓼科山荘バードウォッチング教室 その1 自然の匠

 6/18,19の土日に北八ヶ岳蓼科山将軍平にある蓼科山荘主催のバードウォッチング教室に参加してきました。  3年前に参加して以来の二度目。  蓼科山荘は秋のキノコ教室に毎年通っているので、とても身近な山小屋なのであります。  一日目は茅野駅で山荘ご主人のTmkさんに迎えてもらい、なんとバードウォッチングの講師Endさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白馬村で花散策 その1 千国街道(ちくにかいどう)

 GWの前半、奥大日岳雪山山行のあと、二日目は天候不良で予定のもう一つの山行が中止。  5/1に早々と下界に降りました。  もともともう一泊白馬に泊まることにしていたので、予定の行動を繰り上げていろいろ歩き回りました。  さて、室堂からの下山から。  9:30頃のトロリーバスで室堂を発って下界へ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月某日 花の定点観測

 5月である。GWたけなわとはいえ、今日5/4は嵐の朝だ。  今年の年度末は仕事の尾が引いて、なんとかかんとかGWにたどり着いた感じで、久々の記事になりました。  今回の記事は花の定点観測。  4月某日、相方Kがある花の状態を見に行ってくれた時のことです。  小生の住む横浜郊外には里山を残した公園が数多い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016/04/02 花鳥観察散歩 その2 花々の巻

 ・・・承前。  さて花である。  春の花といえば桜。  毎年のことながら、桜のうんちく。 2008/04/05 ベランダ畑 桜がサクラの訳+クワの花 の記事から...(^^;;。  http://azm.at.webry.info/200804/article_4.html  日本では春になると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016/02/21 鶴見川鳥観察

 久々の記事です。  毎年のことながら年度末は仕事の嵐で、休む暇がありませんでした。  2月には1日だけ...  相方Kと懸案の鶴見川沿いを鳥観察に出掛けたのでした。  さて・・・  スタートは北新横浜の鶴見川遊水地にある新横浜公園から。  早速、格好の良い鳥が..…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月は幕山月間 その1 12/6の巻

 年の瀬も押し詰まってきました。  今月は、6日、20日、28日と3回、湯河原の幕山公園のボルダーで練習を重ねました。  今回はその1、12/6の様子です。  西高東低、関東地方は天気良好。  小田原でレンタカーを借りて海岸線を湯河原へ。  海が綺麗なので途中の米神海岸で一旦休憩駐車。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015/11/28,29 三ツ峠ネットワーク

 11月最後の土日は三ツ峠ネットワークの今年最後の例会に参加してきました。  冬支度や来年に向けての作業と、夜は忘年会。  さて....  大月からの富士急行からの車窓。  大分雪が増えた富士山。  例によって御坂、天下茶屋側からの登山口から10:20に出発。  だいぶ冷え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月17,18日 三ツ峠ネットワーク その1 10/17 雨の登山道、のち晴れ

 もうすぐ冬至ですね。  早い早い。  とはいえブログにしたい記事は溜まっており、まだまだ10月のお話です。  10/17,18に三ツ峠ネットワークの例会で、三ツ峠山へ。  出だしは時折雨粒の落ちてくるような天気でした。   例によって御坂側の登山口から傘をさしてのスタート。  そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015/09/13 御岳渓谷ボルダリング

 いやはや、やっと9月の記録。   9月の大雨の後、増水覚悟で御岳渓谷に久々のボルダリングに出かけました。  台風18号の影響で、鬼怒川など氾濫64河川で、決壊 は14河川で19箇所に上りました。  日記を交えて...(また、手抜き??)  4:23 起床  薄曇り  6:30 出発  7:45 八王子 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盛夏の針ノ木岳縦走 その9 下山も楽し

 ・・・承前。  岩小屋沢岳を6:50に降り始めた。  種池山荘を目指す。  脆い岩肌。  トリカブトが花盛り。  ハクサンフウロ。  岩小屋沢岳を振り返る。  切れ落ちた崖は脆い。  先行する相方K。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盛夏の針ノ木岳縦走 その6 赤沢岳へ

・・・承前。  10:30、スバリ岳を後にして赤沢岳に向かう。    扇沢側の谷から雲が湧き上がる。  ここでも一旦下り、また登る。  途中に少ピークが幾つもあり、登ったり、下ったり。  しかし、陽射しが強く暑くなってきた。  3000m近い稜線だというのにこの暑さはなんだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盛夏の針ノ木岳縦走 その5 スバリ岳 

 ・・・承前。  9:20、針ノ木岳を後にして、スバリ岳へ向かう。  「スバリ」は深い谷(すぼまる)を意味していて、その源流部の山となっていることが山名の由来とされている(by wikipedia)、そうだ。  なるほど。  針ノ木岳からはザレたかなりの急勾配を降りてい行く。  ふと、右手の岩壁を見たら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盛夏の針ノ木岳縦走 その4  針ノ木岳

 ・・・承前。  さて、針ノ木小屋に戻ったら8:00すぎ。  デポしておいた荷物を担いで、今度こそ?針ノ木岳へGo!  花に囲まれた登山道。  初っ端からかなりの急勾配。  だんだんイワイワしてくる。  かなりザレた道なんである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盛夏の針ノ木岳縦走 その3 さあ、針ノ木じゃなく蓮華岳へ

 ・・・承前。  二日目。  朝である。  すんばらしい天気である。  昨日は見えなかった山並みが見えるんである。  クリックしてね(大きくなるので)。  コンデジ目一杯の望遠側で撮ったのであまりシャープでないけど...  ラリホー、もとい、槍穂。  新鮮なアングル。左の前穂か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盛夏の針ノ木岳縦走 その2 鉢の木峠へは花のみち

・・・ 承前。  雪渓から離れ、針ノ木峠を目指す。  ミヤマキンポウゲのお花畑。  もうあんなに雪渓が小さく見える。  なごむなぁ。ツガザクラ。  ツインの花。オオヒョウタンボク。  黄色いスミレ。今度のはキバナノコマノツメ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年7月の三ツ峠 その5 下山も花を愛でながら...

 ・・・承前。  お昼を食べて、さあ下山。  小生と相方Kは、三ツ峠NW事務局のYmtさんと、愉快なKmgさん、快活なTtmさん、蘭目のOkzさんら6人で少しロングのかちかち山に下るコースで下山した。  やはりいろいろな花が楽しいコースだった。  ミズチドリのクローズ・アップ。  ニガナ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年7月の三ツ峠 その4  朝の観察散歩

 ・・・承前。  朝食前に、皆さんと花の観察散歩。  三ツ峠山の山頂を巡って歩くのだ。  フラクタルの見本。エゾニュウ。  ミズチドリ。  山頂手前で、眼下にブロッケンが現れた。  南アルプスがどこまでも続いているように見えた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年7月の三ツ峠 その1  花の山だなぁ 

 お久しぶりです。  何やかやと忙しいので写真を整理する暇がない上に、なかなかブログを書く時間が取れないうちに8月も終わりに。  今回は一月以上前の三ツ峠でのお話。  貴重な植物の生育環境の保護のお手伝いをしに三ツ峠NWに参加していますが、7月例会の時の様子です。  7/18。  天気今ひとつ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みちばたのはな

 道端の花にも眼を奪われる。  ネジバナ(捩花、学名:Spiranthes sinensis var. amoena)。  ランの仲間。  学名の Spiranthes(スピランセス)は、ギリシャ語の 「speira(螺旋(らせん))+ anthos(花)」に由来するのだそうだ。  右巻きも左…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more