アクセスカウンタ

ベランダ畑、時々山から

プロフィール

ブログ名
ベランダ畑、時々山から
ブログ紹介
横浜のとあるベランダ畑から。
時には山からの空気をお届けできれば・・・

twitter: @azm34
zoom RSS

2017 あけましておめでとうございます

2017/01/01 06:12
 あけましておめでとうございます。

 
画像


 災害のない穏やかな一年であってほしいものです。

 今年一年、またよろしくお願いいたします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


11/20 興因寺山山行

2016/12/31 20:12
 年の瀬に、ばたばたと記事を更新しています。

 今回は11月に歩いた甲府の興因寺山山行。

 854mの低山ですが、誰にも会わず静かな紅葉狩りが出来ました。



 4:30 起床。

 あたり一面の濃霧。

 6:30 出発。

 コンビニで昼食 、おにぎりを調達。

 八王子 8:01 発のあずさで9:06に甲府到着。

 タクシーで登山口あたりまで地図で示して行ってもらう。

 あまりメジャーな山ではなく、登山口もはっきりしない。

 思っていたルートの反対側からのアプローチで、ちと戸惑うが、だいたい近くでタクシー降りる。

 タクシーを降りて少し先行く感じてすぐに登山口見つかる。

 予め見ておいたグーグルのストリートビューにあった分岐だ。


画像




 今回の山行の行程。

画像



 9:30にスタート。まずは金子峠を目指す。

 金子峠、かねこではなく、きんす、と読む。

 甲府盆地も濃い霧の中なのであった。 あたりはモヤモヤ。

画像



 しばらくコンクリ舗装の林道を歩く。



 秋は木の実の季節。

画像



画像




 9:45。武田の杜遊歩道との分岐。

 ここから本格的な?登山道。

画像



 きのこ。

画像



 黒いグレバが洗い流された後の真っ白いスッポンタケ。

画像



 霧の中の黄葉もまたよし。

画像



 金子峠が近づいてきた。

 霧が薄くなってきた。

画像



 金子峠、およそ690m。

 青空が見える。

 霧が晴れたというよりも、霧層の上に出たということだ。

画像



 峠のすぐに向こう側になにやら立派な建物。新興宗教の展示館。

 後から調べたら、神幽現救世真光文明教団という宗教団体の弥勒館だ。


 ここからは尾根道。

 奇岩があり、景色が広がった。

画像



画像




 雲海の向こうに南アルプスの山並みが見えた。

 低山なのに、雲海の上。秋だなぁ。

画像



 紅葉もなかなか。

画像



画像



画像



 尾根伝いに登っていく。

画像



 お、珍しいキノコ!と思ったら・・・

 何かのボルトだった。

画像



 とっても良い雰囲気の尾根道。

画像



 甲府盆地を覆う雲海の彼方に富士山が浮かんでいた。

画像



 10:55 樹林の中のなだらかかなピークの淡雪山をすぎる。

 一旦下りに。

画像



 しばらく下ってから、興因寺山に向かい登り返す。

画像



 登る途中で比較的大きなきのこ。

 しかもほんのり紫。

画像
 


 どうやらムラサキシメジだ。

 ヒダが紫で綺麗。

画像



 愛用のビクトリノックスのナイフで2つに裂いてみた。

画像



 さてこのナイフ。大事な戴き物だったのだが、今回の山行中に何処かに落としてきてしまった。痛恨(;;)




 静かな尾根を登る。

画像



 11:30、興因寺山の山頂にとうちゃこ。

画像



 昼飯に。

画像



 山頂には30分ばかり、ゆっくりとした。

画像



 山頂を後に東へ向かう予定だったが、分かりやすい道を辿ったら南に降りていた。

 引き返すのも面倒くさいし、時間短縮?!にもなるので構わず降りた。

画像



 大きな朴葉で遊ぶ。

画像



 下のほうがもやって来たぞ。

画像



 だんだん霧の層が近づいてきた。

 まだ盆地の霧は晴れていないようだった。

画像



 12:30頃、633mくらい、で霧の中へ。

 午前中霧から出た金子峠が690mくらいだから、少し霧の層が低くなってたみたい。


画像



 霧に濡れ、紅葉がしっとり。

画像



 四阿のある所で、武田の杜遊歩道に出た。

 ここからは遊歩道伝いに山腹をトラバース。

画像



 霧の中の遊歩道。

画像



 あ、スミレ。

 この晩秋に?!

 どうやらアカネスミレか。

 寒暖の差に、スイッチが入ってしまったのだろうか。

画像



画像



 この後、橋のある分岐で道の向きが変わり分かりにくかった。

 橋を渡ると別の方向に行ってしまいそうで、しばし道探し。

 読図力が足りないなぁ。


画像



 橋を渡った所で白いきのこ。

 ハイイロシメジかな。

画像



画像



 水平な道なのでサクサク進む。

画像



 13;34に登山道との分岐に到着。

 これで一周。

 4時間弱の山歩き。

 麓から見た金子峠〜淡雪山〜興因寺山。

画像





 最寄りの塚原バス停の帰りのバスまでの時間が一時間以上あるので、甲府駅まで歩くことにした。

 地図を見たら、近くに武田神社。

 せっかくだから寄って行こう。



 45分位歩いて武田神社。

画像



 風林火山。

画像



 赤備えの武士と。

 ボランティアガイドさんだった。

画像



 参拝。

画像




 武田神社から南へまっすぐ一本道で甲府駅へ。

 武田通り。

画像



 甲府駅には15:20到着。

 まずまず歩いたな。




 誰にも会わない静かな秋山でした。

 低山の割に景色もよく、オススメの山です。




 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


10月の金沢&能登旅行  その5 羽咋そして金沢

2016/12/31 10:53
 ・・・承前。

 3日目(10/10)。

 この日は、早い便で札幌に帰るNitくん、Yrkさん、さらに足を伸ばすAszくん、Hrmさん、21世紀美術館にトライするAoyさん、Kayさん、と皆それぞれの行動に。

 我々(小生と相方K)は羽咋に行くことにした。



 朝。穏やかな七尾湾。

画像


画像



 お世話になった美湾荘に別れを告げる。

画像



画像



 和倉温泉駅から特急かがり火に乗車。

画像




 我々は羽咋で下車。

 実は、だいぶ昔、一度羽咋を訪れたことがある。

 目的はUFO科学館。

 羽咋はUFOで有名?!なのだ。

 その時はUFO科学館はなんと改装中で見ることができなかった。

 今は”宇宙科学博物館コスモアイル羽咋”と言う施設になっている。


画像


 やっぱりエイリアンがお出迎えだ。

画像


画像



 駅から歩いて15分ほど。

 でかい円盤型UFOみたいのが宇宙科学博物館コスモアイル羽咋だ。

画像



 屋外には マーキュリー・レッドストーン・ロケット。1段目、2段目は実物のロケット胴体だそうだ。

画像



 展示内容は、UFOネタはあるものの、メインは宇宙開発史に残る数々のモックアップや本物。

 こんなの・・・

■  マーキュリー宇宙カプセル(アメリカ製)
■ ヴォストーク帰還用宇宙カプセル(旧ソ連製)
■ ルナ/マーズ・ローバー(アメリカ製)
■ モルニア1号通信衛星(旧ソ連製)
■ アポロ司令船(アメリカ製)
■ ボイジャー探査船(アメリカ製)
■ アポロ月面宇宙服(アメリカ製)
■ アポロ月面着陸船(アメリカ製)
■ ルナ24号月面着陸船(旧ソ連製)
■ バイキング火星着陸船(アメリカ製)
■ ルナローバー(アメリカ製)

画像



 ドーム型のコスモシアターでは、”BACK TO THE MOON FOR GOOD”という現在進行系の民間のロボットによる月探査計画の話を上映中だった。 結構面白かった。



 羽咋駅に戻る途中の川の散歩道に咲いていた花。

 サクラタデ。

 小さい花だが、ほんのり桜色で美しい。

画像




 金沢までの電車は一番早いので各駅。だいぶ時間があるので駅の待合室でまったり。

 Aoyさんからは、21世紀美術館は210分待ち。やめたというメールが入っていた。


 金沢駅で昼食。

 相方Kは海鮮は飽きたというので、中華に。

 小生はまだ海鮮に未練があり、のどぐろののったノドグロ翡翠ラーメン。

 相方Kはネギチャーシュー麺。

画像



 帰路は小松空港から飛行機。

 空港行きのバス乗り場確認。切符購入。

 15時のバスまで2時間近くある。さて、どうするか。

 近くの公園に行って見ることに。

 もちろん?! きのこ を探すのだ。


 中央西公園。

画像

ひとブロックの小さな公園。周りを一周。


 モミジバフウの実。

画像



 何やら地面からひょろひょろ。

 おお、ムラサキナギナタタケ。

画像



 チチアワタケ。

画像


画像



 テングタケの仲間。ツルタケか?。 

 幼菌から成菌。

画像



画像



画像





 テングタケの幼菌。

画像



画像



画像



 裸眼平行立体視で。

画像






 最後の最後できのこ散歩ができるとは。



 以上、2泊3日の、金沢&能登旅行のお話でした。





 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


10月の金沢&能登旅行  その4 和倉温泉+のとじま水族館

2016/12/31 10:48

 ・・・承前。

 10/9、2日目。

 能登半島は和倉温泉に向かった。

 金沢駅から電車の旅である。

画像


画像



 七尾駅で乗り換え。

 
画像


 アニメキャラのローカル電車。

画像



画像



 昼飯所をネットで探す。和倉温泉の中に蛇の目寿司という寿司屋。よさそう。


 和倉温泉駅。

 温泉卵のキャラクタ。

画像



 本日のお宿、ホテル美湾荘から迎えの車。
画像




 荷物は送迎車に預け、直接、目をつけた蛇の目寿司へ。

 能登産の握り。 美味い。

画像



 昼食後、ホテルには寄らずに、そのまま路線バスで今日のもう一つの目的地、のとじま水族館に向かった。


 のとじま水族館。

 我々の旅の定番は彼の地の水族館巡りだったりする。

画像


画像



 のとじま水族館にはジンベイザメがいる。

 美ら海に比べると小ぶりだ。

画像


画像



 大水槽の前で。

画像



 色んな魚。面白い。

画像



 下から見上げるものまた良し。

画像



 ムービーで。念のため音量には気をつけてくださいね〜。

その1 ジンベイザメや他のお魚さんたち






その2 イルカショー






その3 ペンギンの行進






その4 ゴマフアザラシ






その5 一万尾のイワシのビッグウェーブ







 水族館を見終えて、ホテルへ。

 七尾湾を望む”美湾荘”。

画像



 能登だけに食事は半端ない。

画像



 美味い。美味い。美味い。

画像



 料理はうまい、話はゆかい。

画像



 美味い。美味い。美味い。も一つ美味い。

画像



 部屋に戻り、あらためて一献しつつ、恒例のメインイベント。

 来年の旅行先と幹事を決める大事なあみだくじ。

 幹事が重ならないように、昨年の幹事の小生とその相方Kは参加できない仕組み・・

 因みに昨年は、小生幹事で土佐、足摺岬と大月への旅でした。


画像



 来年の幹事はAoyさん、行き先は秋田!

画像





 のとじま水族館でゲットしたクラゲ。

画像



 つづく...



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


10月の金沢&能登旅行  その3 酒と人情料理 いたる本店

2016/12/31 10:45
 ・・・承前。

 またまたバスで、市内に戻る。

 21世紀美術館のそばの停留所で下車。

 予約を入れている居酒屋”いたる本店”を目指す。


 21世紀美術館の脇を通る。

 この美術館も入ってみたいのだが、入り口は長蛇の列。

 外庭を横切るように歩く。

画像


 いたるところに、紙で作った花が挿してあった。


 外庭で花を作るワークショップをしていた。


 おもしろそうだと参加。無料だし(^^)

 予め用意されている花びらを模した紙を幾枚か重ねて糊付けする。

 最後に細い棒に取り付けて出来上がり。

画像



 地面に挿してインスタレーション。

画像



 かれこれ17:30。だいぶ日も傾いた。

 紙で作ったぼんぼりが綺麗だった。

画像



 ”いたる”を目指す。

 あった・・・。しかし、予約が入ってない?!

 しばらくやり取りするうちに、そこは”のど黒めし本舗 いたる”で予約していた店とは違うのだった。

 本店の場所を聞いて、さらに先へ。

 間もなく、目的地。

画像



 酒と人情の店 いたる

 既に混んでいたが、予約していてくれたので 奥の座敷へ。

 店の雰囲気も間違いない感じ。

 二人ずつ周りに8人でちょうどよい大きな四角いテーブルの座敷。

画像



 海鮮盛り合わせに、のどぐろ!

画像


画像



画像



 他にも色々。

 日本海の幸を堪能。

 きのこ観察あるある談議に花が咲いたり、食い物は美味いし、話は楽しいし、愉快だし。

 言うことなし!の夜であった。

画像





 つづく・・・




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


10月の金沢&能登旅行  その2 ひがし茶屋街

2016/12/31 10:43

 ・・・承前。

 金沢城公園を後にしてひがし茶屋街に向かった。

 雨は止んでくれた。

 しっとりとした茶屋街を散策。

画像



 昭和レトロなレストランの建物。いい感じ。

画像


 茶屋街の辻で。

 まるで映画のセットのようだ。

画像



 狭い路地を歩く。

画像



 和小物、手ぬぐいなどを扱う”くるみ”に入ってみた。

画像


 
 小さな巾着を2つばかり購入。


 さらにそぞろ歩き。

画像






 小腹がすいた。

 夜は夜で計画があるので、ここで余り食べるわけにはいかない。

 で、和菓子でもということで、茶房一笑さんに。

画像



 二階の座敷に案内され、休憩。

画像



 和菓子お抹茶セットを所望せり。

画像



 ザ!和菓子。

画像




画像



 なかなか風情のある場所だった。


 つづく・・・・




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


10月の金沢&能登旅行  その1 兼六園、金沢城、そして美味いもの

2016/12/31 10:41
 久々の更新です。

 12/30! もう後今年も明日のみを残すだけ。

 ブログにしたい記事もたまりっぱなし。

 今回からはしばらく、10月の金沢旅行のお話。

 もう随分前のような・・・


 毎年、相方Kの学生時代の友人家族と2泊3日の旅をしています。

 今回は札幌在のNit君が幹事で10/8-10の金沢&能登旅行。


 さて、さて...


 今回は金沢駅集合で、新幹線組と、飛行機組に分かれた。

 小生と相方Kは、幹事のNit君と相方Yrkさんと東京駅で待ち合わせ新幹線で金沢に向かった。


画像


 Yrkさんの断食談議、酵素ドリンクなどの話に時間を忘れあっという間に金沢。

画像



 金沢駅は格好いいな。

画像


画像


 金沢駅で、Aoy's、Asz'sと合流。

 腹が減っては戦に勝てぬ。

 まずは、昼食だ。

 ホテルに荷を置いて、早速駅近くの海鮮居酒屋へGo!

画像


 せっかくだから、喉を潤そう。

画像



 小生と相方Kは炙り海鮮丼に。他の皆さんは上寿司。なかなか美味そう。

画像


画像


画像



 駅に戻り、バス一日券で兼六園へ向かう。 雨...。

画像


画像



パノラマで(クリックしてね、大きくなります)。

画像



 見事な古木が多い。

画像


 日本武尊の銅像。

画像



 新兵器? iPhoneにクリップ式の広角レンズを付けて、集合写真。
 Hrmさんが写ってなかったmOm

画像



 竜石。

画像



 日本最古の噴水をバックに。
 今度はみんな入ったね。

画像



 雨の兼六園を後にして、金沢城公園へ。

画像



 雷がなり、土砂降りに...

 入り口の石川門でしばらく雨宿り。

 レーダ−を見ると、しばらくすれば雨域が過ぎ去りそう。

画像



 15分位待ったら雨が小止みになった。

画像



画像



 三の丸広場のお堀まで行ってみる。

画像



 菱櫓。

画像



 お堀の前で。

 バックは五十間長屋というらしい。

画像



 この後まだまだ行くところがあるので、お城の中までは入らず。


 つづく・・・



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる