ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 前穂北尾根 登攀 その6 核心3峰から頂上へ

<<   作成日時 : 2007/09/14 22:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 4峰を無事通過し、3,4のコルに6:50。これより核心の3峰に向かう。
 さらに緊張の増した面持ち・・・・

画像


 だんだんガスが沸いてくる。天気は大丈夫か・・・

画像


 3峰を仰ぎ見る。ここはマルチピッチでビレイしてもらいながらの登攀。

画像


 途中短いピッチを刻み。4ピッチで3峰頂上へ。所々、つかんだ岩がゆるりとするが、いっぺんに体重を移さず、ホールドを試しながら攀じる。ただ、出だしで足元の岩が崩れたが、僅かな距離だったので相方がすぐ止めた。

 岩の外に乗り出してトラバースするようなところもあり、高度感超あり。

 3箇所ほど、攀じ登り方に戸惑うところがあった。アルパインが初めてなので、よく覚えていないが、斜めのスラブのトラバースと、フットホールドが見つからないので無理やりマントリングしたチムニーと、ハングした岩にザックが引っかかり身動きが容易でなかったところの3箇所。でも、どうにかテンションかけずにクリア。


 3峰頂上に出るところ・・・。7:40.

画像


 続いて相方。

画像


 3峰を超えて、すぐ2峰。2峰から頂上とのコルへの下降は懸垂下降をする場合もあるようだが、今回は慎重にクライムダウン。

 あとは、ガレ場をユックリ登り頂上へ。頂上には8:40頃着。

画像


 頂上は天気がよいので、登山者でにぎわっていた。

画像


 頂上記念。昔、岳沢から前穂に登ったときはガスだらけで何も見えなかったが、今回は、奥穂の頂上に雲がかかるものの、絶好の展望。

画像


 ロバの耳とジャンダルムが新鮮な角度から眺められた。

画像


 来し方の北尾根。うーん、険しいー。

画像


 3峰と2峰は頂上から眺めるとこんな感じ。

画像


 2峰に後続が取り付いている。豆粒のように見えるなー。

画像


 2峰からの下降路を、覗いている後続のパーティー。

画像


 自力だけでこられるのは、まだまだ先の話だが、初めてのアルパインで、まずまずの天気に恵まれ、感無量。





 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
前穂北尾根 登攀 その6 核心3峰から頂上へ ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる