ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 梅雨の白馬岳 花編 その3 白馬岳から猿倉まで

<<   作成日時 : 2009/07/18 21:57   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

 花編の最後。

 白馬岳山頂を後にして大雪渓を下り、猿倉を目指した。



 オオカサモチ。セリ科。大傘持。

 山地から高山帯下部にかけて分布、雪崩斜面となる広葉草原に多い(by高山植物ハンディ図鑑、新井和也さん、以下概ね参考書は同書)。これは蕾。他のセリ科の植物はまだ葉っぱだったが、これだけは蕾を付けていた。

画像







 ミヤマオダマキ。キンポウゲ科。深山苧環。

 白と青紫のコンビネーションと、不思議なフォルムで、素敵な花。小生のお気に入り。

画像






 シロウマオウギ。マメ科。白馬黄耆。

 大雪渓の手前くらいで見かけた。高山帯の開けた草地に生えるという。

画像
 





 サンカヨウ。メギ科。山荷葉。

 荷葉はハスの葉の意味で、葉がハスの葉に似ているからいう。

 下の写真の葉はだいぶ切れ込みがあるが、個体差だろう。

 図鑑をみるとこのようなギザギサした葉もあるみたい。

 大雪渓を下りきって普通の山道に入ってすぐくらいで。


画像




 こちらは、だいぶ下って白馬尻を過ぎてから。実がなっていた。こちらの葉っぱはまぎれもなく荷葉。

 この実は熟すと素晴らしい濃青色になる。食える。


画像






 キヌガサソウ。ユリ科。衣笠草。

 大輪の花。実は大きな白い花弁に見えるのは萼片なのだ。

 先の黄色い雄蕊の外側に白い細い線がみえるでしょ?これがなんと花弁なのだよ!

画像




 白馬尻付近に群生していた。

画像








 エンレイソウ。ユリ科。延齢草。

 横向きに咲く、花弁を持たない花。花弁にみえるのは萼片!

画像






 ニリンソウ。キンポウゲ科。二輪草。

 やたら大きな花弁の個体だった。花弁に見える白いのも、やはり萼片。

画像






 ミヤマカラマツ。キンポウゲ科。深山唐松。

 花糸の根元が細く先端が太い棍棒状の花、切れ込みがあり長い葉が特徴。

画像







 モミジカラマツ。キンポウゲ科。紅葉唐松。

 花糸は棒状。

画像



 こちらは蕾の状態のモミジカラマツ。

 葉が大きく、7〜9裂してモミジのよう。
 
画像







 ズダヤクシュ。ユキノシタ科。喘息薬種。

 長野の方言で喘息をズダというとのこと。

 喘息の薬になることからの名。咳喘息でしょっちゅう咳が出る小生にはよい薬かも?!

画像







 タニウツギ。スイカズラ科。谷空木。

 白から薄い紅のグラデーションが目に飛び込んできた。

画像






 ミズキ。ミズキ科。水木。

 樹液が多く、早春に切ると水が滴り落ちるからであるという。

 たくさんの花が集まっている。クローズアップすると、その造形美に驚かされる。


画像




画像






 テツカエデ。カエデ科。鉄楓。

 テツカエデの花の蕾。

画像






 ヤグルマソウ。ユキノシタ科。矢車草。

 根生葉は 5 枚の小葉からなる掌状羽状複葉。この形が矢車に似ているからこの名前。

 円錐状の花序。白い小さな花がたくさん付いている。

画像






 
 ネバリノギラン。ユリ科。粘り芒蘭。

 茎が粘る。花にも粘り気のある腺毛があるそうだ。

 花びらはあまり開かない。

画像



画像







 アマニュウ。セリ科。甘にゅう 。

 シシウドの仲間(シシウド属)。まだ花が咲く前。花が咲くと、白い花火のよう。


画像







 サワグルミ。クルミ科サワグルミ属。沢胡桃。

 雌雄同株、雌雄異花。4末〜6月に開花。

 果序は花の後で長く伸び、20〜40cmの果穂になる。写真で枝から垂れ下っているのが果穂。 

 猿倉荘の横で。

画像






 梅雨の白馬岳 花編、これにておしまい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
梅雨の白馬岳 登山編その2 白馬大池から白馬岳頂上
 2日目である。 ...続きを見る
ベランダ畑、時々山から
2009/12/18 00:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
梅雨の白馬岳 花編 その3 白馬岳から猿倉まで ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる