ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 新幹線の車窓から 富士山を見るなら・・・・

<<   作成日時 : 2009/12/29 17:24   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

 出張には飛行機ばかりでなく、新幹線を使うことも多い。

 東海道新幹線なら右窓側(もちろん、電源のあるのぞみがよい)。


 新横浜を過ぎると、住宅地の向こうに丹沢山系が見え、間もなく富士山が見えてくる。


 平塚付近に達すると、丹沢山系と箱根の山々のちょうど鞍部が窓となり、富士の南北の裾野がよく見える。

 
  大体この辺↓

画像



 富士山の雪は南側が多い。南岸低気圧が通過する際の降雪のほうが多いのだろう。

 某日、07:21。

画像





 平塚を過ぎると富士山は次第に箱根の山に隠れ、新幹線自体も山際の熱海を過ぎて長い新丹那トンネルに入る。


 新丹那トンネルを過ぎると三島。再び富士山が見えるが手前の愛鷹山に遮られてしまう。

画像



 某日、07:37。

画像





 しばらく愛鷹山に隠れていた富士山は江尾付近でその雄姿を現し始める。

画像



 某日、07:40。富士山の山裾右側に宝永山。

画像






 神谷付近。どんどん両側の裾野が表れてくる。

画像



 某日、07:41。中景も茶畑でなかなかよろしい。・・・この辺までは。

画像







 新富士駅の手前。次第に工場が目立ってきたぞー。

画像



 某日、07:42。富士の東西の裾野が雄大に広がっているのが見えるのだが、近景がいかん、いかん

画像




 新富士駅付近では・・・・

画像



 某日、07:42:30。工場群の真っただ中で、プラントの煙突越しの富士山。さぞや富士山も煙た―ぁかろう

画像





 富士川の手前・・・・

画像



 某日、07:43。工場群がいったん去り、東西の雄大な裾野が一瞬見渡せる。

画像




 富士川鉄橋。

画像



 某日、07:43:20。富士川鉄橋からの景色は良いのだが、鉄橋の鉄骨のトラスが視界を邪魔する。

画像




 富士川を過ぎると、再び手前に工場群。その後間もなく再び長いトンネルで、富士山の姿も見えなくなる。

 某日、07:43:40。

画像






 というわけで、一番絵になるのは神谷付近からの富士山であろうか。


 せっかく雄大な東西の裾野が見える新富士近辺は近景がだいなしだな。

 工場萌の方にはよいかも?


 海外から来た観光客が新幹線からせっかくの富士山を眺めても、ちょっとがっかりであろうな。

 景観というものはもっと大事にせねば。

 




 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新幹線から富士山
 節分の日、急遽京都方面へ出張。 ...続きを見る
ベランダ畑、時々山から
2011/02/05 23:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新幹線の車窓から 富士山を見るなら・・・・ ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる