ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS 平標山(たいらっぴょうやま)登山  その1 山頂まで

<<   作成日時 : 2010/08/29 17:53   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 1週間が早い早い。

 8月ももうすぐ終わりですね。

 さて、今回は先週8/22に登った平標山登山記であります。

 平標山は”たいらっぴょうやま”と読みます。


 先日の廻り目平はずっと林の中だったので、今回は花や眺望を楽しもうという趣向。

 それと、その前の八ヶ岳にゅう登山で登山靴のソールがはがれかけ、そろそろ替え時だったこともあり、登山靴を新調し、履き初めも兼ねての山行です。

画像




 さて、平標山は越後湯沢からバスで30分ほどの苗場スキー場の手前の停留所に登山口があります。


 横浜近郊の我が家からは早起きして、横浜に6時過ぎに出て、まず東京へ。

 東京からはMAXときで越後湯沢に向かいました。8時過ぎには越後湯沢に着いてしまうのですから、新幹線は速いものです。


 越後湯沢は閑散としてました.....

画像


 バスに乗って9時には登山口着。


 行程はこのようなものでした。

 コースは松手山ルートを上り、平標山の家に降りて、さらに
上信越自然歩道をたどって出発地点に戻る周回コース。

 登山開始が9:12、松手山を10:54に通過し、山頂には12:14着。昼飯を食って下山開始が12:50。平標山の家に13:34。水をくんだりして小休止し、出発したのが13:35。14:29に林道に出て、上信越自然歩道を進み、15:24に出発地点に到着。概ね6時間の山行でした。

 花の百名山(NHK版)の一つだけあって、沢山の花々を見ることが出来ました。

 出会った花々はまた別項にて。


画像




 バスを降りてから、少し腹ごしらえをして、トイレに寄ってから出発。

 出発地点には赤外線のカウンターがありました。

 9:12出発。

画像




 しばらく舗装道路を進んだ後、本格的な?登山道に入ります。

画像




 林の中をいきなりかなりの急な坂道。足下はしっかりと木組みがしてありました。

画像



 このあたりの林床ではフシグロセンノウ、ヤマジノホトトギスなどが見られ、日の当たるところになると、ツリガネニンジンやハギ、マツムシソウなどが見られました。


 花をみながら、ずんずん登ります。

 10:00。

画像




 10:20、巨大鉄塔に出ました。でかいです。

画像




 遠く柏崎の原発からの電力供給ルートのようです。

 山並みを超えて電線ケーブルがつながっています。

画像




 この辺りから、林から抜け周りの景色が見え始めます。

 苗場スキー場が眼下に。

画像



 そうそう、今回は時計も新調後初の山行。

 山行用の時計には10年以上前に購入したプロトレックを使っていましたが、文字が小さくて見にくくなってきたので(悲しかな老眼!)、電池切れを機会に、新しいモデル(PRW-1500CAJ-4JR)を購入。文字も大きく、電波+タフソーラーであり、アウターの腕の外に付けられるクロスバンドが付属してます。良いです。

 標高を確認しながらの登山。

画像



 10:30。 少々曇りがちの空。

画像



 
 雲が切れると強い陽射しで暑いこと。

画像




 松手山を越えたところ。

 松手山では年配の20人くらいのグループが大休止中。たいがいは登山道から離れて座っていたが、一人二人は登山道に立っておしゃべり中。
 すみませーん!、といってもなかなか聞こえないのには閉口。


 夏場はハイドレーションシステムで、チューブで適宜水を補給しながらの歩き。なので、腰を下ろしての休みは取らずに、ずんずん進みます。

画像



 松手山からは稜線歩き。これから歩く道がずーっと遠くまで見えます。

画像




 この辺りから花も多くなり、楽しい稜線歩き。

画像




 11:00。眼前に長い登りの稜線。あれを登れば頂上?!・・・ではなく、ガスに隠れて見えませんが、まだまだ先があります。

画像





 ガスがかかったり、晴れたりの天気。

画像




 この辺では、オヤマリンドウ、ハクサンフウロ、アカモノ、ウツボクサなどが見られました。


画像



画像





 先ほど遠くに見えた長い登りの稜線にさしかかりました。

画像




画像




 ずいぶん急な道。

画像




 振り返ると、歩いてきた稜線の道が見渡せます。後ろに例の20人余りの年配グループの列が見えました。


画像




 砂礫地には、登山道が荒れないようかなりしっかりとした木組みの階段がありました。花の百名山ということか、高山植物が豊富なので保護が行き届いているようでした。


画像




 この辺りはハクサンフウロやウメバチソウ、キオンなどのお花畑でした。


画像



画像




 11:36、長い稜線の上までもう一息。

画像




 稜線の上に出ると、まだ平標山の山頂はこのずっと先。

 これから向かう稜線をガスが左手から昇り、左手の斜面に吹き降りていました。

画像

(クリックすると大きくなります)


 11:46、ガスの中を進みます。

画像




 この辺も両側がお花畑。


画像





 笹原の中の登山道。

画像



画像




 12:00。おお、漸く前方に山頂らしきピークが・・・・。

画像




 12:04、おやおや、いったん下ってまだ登らねば。

 いささか腹が減ってきました。

画像


画像





 山頂手前の鞍部でのパノラマ。

画像

(クリックすると大きくなります)


 
 12:14。山頂到着。1983.7m。

 新靴もグリップ良く、軽くてなかなか良し。若干くるぶし辺りがすれるが靴紐の塩梅か。


画像




 山頂にはすでに沢山の人が、昼を食べたり、談笑したり、写真を撮ったりしていました。

 かなり広い山頂なので、窮屈な感じはなし。


 我々もここで昼食。コンビニ調達のおにぎり、パン、野菜ジュース、と昨日買っておいたミニトマト。


画像



画像





 山頂でのパノラマです。苗場方面。

画像

(クリックすると大きくなります)



 その2 下山 に続く。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
平標山(たいらっぴょうやま)登山  その1 山頂まで ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる