ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS 平標山(たいらっぴょうやま)登山 その2 下山

<<   作成日時 : 2010/08/29 17:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 平標山登山 その2です。

 その1から見てね。



 12:50、下山開始。

画像




 木の階段の下りです。

画像




 前方は大源太山。


画像



 12:57、振り返ると、山頂はもうずっと遠くに。

画像




 ずんずん下ります。

 眼下には平標山の家が見えています。ここら辺では珍しい営業小屋です。

画像




画像




 眼前が開けているので、眺望がよい登山道です。

 左手には遠く赤城山。手前に吾妻耶山、その左にテーブル型の上州三峰山。その形から荒船山かと思いましたが、場所が全然違いますね。

画像




 振り返ると、しっかりとした木道というか階段が上の方まで連なっているのが分かります。

画像




 気がつくと上州三峰山の上空に積乱雲が発達中。

画像



 左後ろには平標山の隣の山、仙ノ倉山が綺麗な斜面を見せていました。

画像



 ダケカンバ・・・・

画像




 13:10、平標山の家が大分近づいてきました。

画像



 13:24、平標山の家到着。

画像




 ここで湧水を汲み、お土産に・・・・・山の水はコーヒー用に最適でなんであります。

画像






 上州三峰上空の積乱雲がさらに発達中。

画像




 仙ノ倉の稜線の端に険しいピークが見えました。

 俎ー(まないたぐら)の稜線にある”川棚の頭”というピークのようです。

画像



 13:34、10分ほどの休憩で山の家を後にして登山口への下山路を下ります。

 ここからは再び林の道で、展望はきかなくなります。

画像




 下山路も木の階段がしっかりとしています。

画像



 巨木あり。

画像




 登りの松手山ルートでは見なかったブナやダケカンバを見ることが出来ました。

 ブナもかなり大きい。

画像




 多雪地域ゆえに、こんな曲がったブナも沢山ありました。

画像




 14:10、さらに林の中の道を下ります。


画像





 14:19、急な坂の登山道が終わり、林道に出ます。上信越自然歩道です。

画像



ここからはほぼ平坦な道が1時間弱続きます。

画像




 平標山は花の百名山の名の通り、沢山の花を見ることが出来ました。八ヶ岳や南アルプスの一部地域のように鹿による食害はまだ進んでいないように見えました。

 と、思っていたら林道脇の草が、一様の高さに刈られているのに気づきました。

 よく見ると何者かの食み痕(はみあと)の様です。鹿か知らん?


 
画像





 林道上をひらひらとカラスアゲハが飛んでいました。

 時折、疲れたように地べたでお休み。

 羽がすり切れ、寿命間近のようでした。

画像




 右手に大きな鉄塔が。稜線上に見えるのは往路に見た巨大鉄塔でしょう。

画像






 登山口まで後1.2kmの所で林道から脇道に入ることが出来ます。

 再び登山道です。

画像





 ここがまた楽しかった。


画像




 せせらぎ、があったり・・・・・

画像




 親子ザルが目の前を横切ったり・・・・・

画像




 タマゴタケを採取したり・・・・

 詳細は→http://azm.at.webry.info/201008/article_11.html

画像




 そうこうしているうちに、登山口に戻りました。15:24、およそ6時間の山行でした。


画像





 バスで越後湯沢に戻り、


 日本酒湯にて汗を流し...(越後湯沢の駅の中にある温泉です。)

画像




 東京行きのMAXときでは、越後地ビールで乾杯し、「林道かまめし」(発熱ユニット付きで暖かくなるやつ、美味い!)でエネルギーを再充填して帰路につきました。



 長々と最後までありがとうございます。



 花編はいずれ近々に。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
うわぁーやっぱり天気の良い時に登りたい山だと思いました。ハクサンコザクラ狙いで7月に登ったんですが、ここは種類を変えながら色々な花が咲くので、お花畑を楽しめる期間が長んですね。
私も山の水をお土産にしますが、もっぱら水割り用です。
trekker-k
2010/08/30 21:06
横浜からだと結構遠いのではありませんか?
新潟の山は春先の花が素晴らしいと聞いていますが、なにぶんこちらからだと遠くてまだいったことありません。
Q造
2010/08/30 21:34
trekker-kさん、ども!
上越国境の山のせいか、ガスがかかることが多いようですね。今回はガスがかかったり、晴れたりの天気。ガスがかかると涼しくて、晴れると日射がじりじりといった風でした。時期によっていろいろな花が見られるそうですね。6月辺りまではまた雪もあるようで、なかなか魅力的な山です。
azm
2010/08/31 00:27
Q造さん、ども!
距離的には大分遠いのですが、東京から越後湯沢まで新幹線で1時間半くらいで着いちゃいます。朝早出する必要はありますが9時過ぎには登山口です。結構近い印象。かえって谷川岳の方が在来線をつかったりするので時間がかかります。恐るべし、新幹線。
 花の山なので、春や梅雨時も面白そうです。
azm
2010/08/31 00:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
平標山(たいらっぴょうやま)登山 その2 下山 ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる