ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS 志賀高原「岩菅山」へ その5  山は下り坂、天気は上り坂

<<   作成日時 : 2010/10/21 00:21   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

 雲に見とれ、道草を食った。

 10:58、頂上あたりはまだガスが巻いている・・・・

画像




 コヨウラクツツジ。

画像




 アカミノイヌツゲ。

画像




 これはなんだろう?ツツジの仲間だろうか?

画像




 橙色のきのこ。なんだろ?

画像




 11:20。下界が見えてきた。

画像



画像



 
 あんりゃま、頂上が真っ青な秋空の下に。

 確かに真っ青な秋空の下の山を見に来たわけだが・・・・・

 ちょっと複雑?!


画像




 陽に照れば、僅かな紅葉も綺麗なものさ。

画像




 赤、緑、黄色。日本の秋山だ。

画像





 キサマツモドキ。

画像




 登りに見たベニテングダケ。

 陽に照るとまた違った趣。

画像





 11:40。あんりゃま。

 こんな下から頂上が見えたのね?

画像




 いつの間にか陽射しの中。暑いくらい。

 レインウェアの上着はもういらないよね。

画像




 いい山じゃん。

画像




 紅葉、黄葉もやはり太陽に照らされれば映える事よ!

画像





画像





画像




画像





 薄茶のきのこ。なんだろ?

画像





 暑い。

画像




 アライタ沢を渡ってのトラバース道。

画像




画像





 12:55、出発地点の登山口に到着。

 頂上や途中で道草喰ったが、降りてくればあっという間だ。


画像







 このあと高天ヶ原ホテルに立ち寄り、ふたたび温泉に入れてもらい、風呂上がりにアイスコーヒーを頼んだ後、(ここでビールを飲めないのはつらいんだが)

 レンタカーで一路長野を目指す。


 途中の琵琶池に寄って、往路に調達したパンや、高天ヶ原ホテルでお弁当のおまけにもらったメンチカツサンド(これがまた美味い)をもって遅昼とした。


画像



画像



画像



 長野には16:20着。

 帰りの指定席はとれていなかったが、早々に並んだので17:30発の新幹線の自由席ゲット。

 長野は始発だから楽だね。

 ここでやっと駅弁とビール!早めに買ったらビール温くなっちゃうし。

 さあ駅弁だ。

 ホームから階段を駆け上がり、改札を入ったコンコースの売店へ。

 オーマイガッ! 売り切れだった。

 ホームに売店があるから行ってくれという。

 また階段を駆け下りる。ホームの駅弁売店、場所がいまいち分かりにくい。

 やっとたどり着き、聞くと売り切れ。17:20の新幹線が入線したら新しい弁当が入荷するという。

 オーマイガッ。17:30発には間に合わないかも・・・・

 仕方ない。ビールとつまみだけ買って、あとは車内販売に賭けるしかない。

 かつて、岡山辺りの出張の帰り、駅売店の弁当がすべて売り切れで車内販売を待ったことがある。待ちに待ってやっときた車内販売に駅弁は売り切れだった!オーマイガッ!!


 駅弁のない夕方の新幹線なんて・・・・クリープもコーヒーも無い気分・・・・・


 いやな予感・・・・・


 とホームを一両目に向かう車内販売のお姉さん発見。

 先手必勝である。二両目に座席を確保したことも幸いである?!

 車内販売が来るのを待たず、早速買いに行った。

 「信州職材 信州サーモンと福味鶏の吟醸炭火焼き弁当」と「信濃の国食浪漫(地産品幕の内)」を目出度くゲット。
 

画像





 
 ま、雨にたたられたが、後半なんとか持ち直し?、まずまずの山行なのであった。



P.S.

 往路の登山道で見つけたチャナメツムタケ。

 場所を覚えていた訳は・・・・・・


画像



画像



画像




 ふふふのふ




 以上、岩菅山 秋空山行 (秋の空は変わりやすいのであった) 全巻のおわりでござります。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
mikomaiさん、気持ち玉ありがとうございました!
azm
2010/10/21 00:37
天気が1日ずれていると良かったかもしれませんが、ガスの中から見え隠れする秋の色とりどりの木々も一興だと感じました。

まずは、熊スプレーの登場は無く、駅弁ゲット、終わりよければ全て良し、ですね。でも、写真のアップダウンの道を見ているだけでこちらは息切れしそうでした。健脚、いつもながら凄い。
青兄
2010/10/21 09:31
ども、青兄さん!
1日といわず、半日でもずれていれば・・・・
ガスで何も見えないのが、いつの間にか晴れていくのもまた良いものです。雲散霧消とはよく言ったものですね。
急坂もゆっくり歩けば大丈夫ですよ。青兄さんも是非!
azm
2010/10/22 00:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
志賀高原「岩菅山」へ その5  山は下り坂、天気は上り坂 ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる