ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々

アクセスカウンタ

zoom RSS リベンジ 雪の西穂高岳  その5  さらば西穂高 

<<   作成日時 : 2012/04/16 17:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 西穂高の頂上には15分ほどの滞在。

 山荘を出て約3時間で頂上。

 さあ、下りだ。

 8:30下山開始。


 9:45、ピラミッドピーク。

 上空の雲が大分広がってきた。

画像



 
 ここまでで、3回くらい、こけた。

 ロープで確保して貰っているので、問題はないが、「大丈夫ですか。慌てずに、腰をひかずに体重を足に載せないと、危ないですよ〜」、とK山さんの叱咤激励。


 分かっちゃいるけど?!、足の筋力が持たない。特に左が弱いな。これではイカン。

 相方Kは、全然大丈夫だった、私はそんなにぎりぎりだたっとは知らなかったぁと・・・



 10:10、独標。

 今度は写真撮れたぞ。

画像



 独標の最後の壁の下りを何とかクリアし、ロープを外せるところまで戻ってきた(10:20)。

画像




 よし、あと少しで山荘だぁ。


画像



 ロープを外してから約50分で山荘に戻った。

 11:10頃、山荘到着。往復約6時間。

 前回は、頂上行かずに7時間だった。



 山荘で、昼飯。豚骨ラーメン。

 その前に、ペットボトルの天然水(300円!)を一気飲み。


 気温が高く、汗びっしょりで渇水状態だったのだ。

 ラーメンも美味しく戴きました!

画像




 登頂に必要無いのでデポしておいた荷物を整理し、最後の出発。

 ロープウェイ駅まで45分くらいの道。

 これも荷物が重くなったので結構しんどい。

 途中、森の木の間に西穂の稜線が見えた(クリックしてね)。

 あのアップダウンをヒーヒー言いながら(小生だけね)、行って戻ったんだな。

画像





 雪面に「ニシホにのぼったぜ」の落書き。 相方Kである。

 今回は、雪質が湿っており書きにくかった... 相方K 談

画像



 前回(2020年12月)は・・・「ニシホでへこたれたぜ」...

画像




 1時前に西穂高ロープウェイの山頂駅に到着。

画像



 無事にね。

画像




 下りは、景色が良く見えた二階建てロープウェイ。

画像




 さらば西穂高!

画像





 良かった、良かった。メデタシメデタシ。 by Daruma

画像






 以上、「リベンジ 雪の西穂高岳」全5巻、終わりでございます。

 お付き合いいただき、真にありがとうございました。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
雪の西穂登頂、おめでとうございます!雪山の迫力ある風景、堪能された様でうらやましい〜です。これは連休、やっぱりアルプスに行かねば。
trekker-k
2012/04/16 23:22
trekker-kさん、ども! なまった身体で息も絶え絶えでしたが?!、雪山はやはり綺麗で、迫力があります。前日に新雪が積もったので、より真っ白で綺麗な景色でした。連休はどこに行かれるのでしょう?
azm
2012/04/17 23:06
こんばんは
この期に及んでまだ計画をきちんと立てていないのですが、一昨年のazmさんの記事を見つつ燕から蝶まで縦走しようかなんて思ってます。鹿島槍や唐松も良いななんて迷ってますが。
trekker-k
2012/04/18 22:46
trekker-kさん、ども!燕から蝶ですか。なかなか長丁場ですね。以前夏とGWに唐松に登った事があります。小屋の食堂の窓が素晴らしいピクチャ−ウィンドウですね。
GW安定した天気が続くと良いですね。
azm
2012/04/19 01:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
リベンジ 雪の西穂高岳  その5  さらば西穂高  ベランダ畑、時々山から ALS患者としての日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる