ベランダ畑、時々山から

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋の奥丸山 その1 行くまでがまた大変

<<   作成日時 : 2013/10/23 23:43   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

 10月の三連休。

 秋深まる10月半ば。

 たまには?普通の登山がしたいな・・・・

 という訳で、ピークハンターならぬピークウォッチャーの相方Kがかねてより企画していた槍穂高の西側の中崎尾根にある「奥丸山」にロックオン。

 10/12から入るつもりであったが、どうも天気が悪いらしい。

 急遽予定を一日ずらして10/13,14の一泊山行と相成った。



 奥丸山に行くには新穂高が起点になるが、ウチから行くには八王子からあずさで松本まで行ってバスに乗り、平湯で乗り換えて新穂高に入る方法と、新幹線で名古屋に出て、さらに特急で高山に出てそこからバスで入る方法と2つある。


 今回は贅沢?に名古屋−高山経由のルートを選択。

 ほぼ一年前に西穂から奥穂を歩いた時も高山を回ったっけ・・・

 新横浜8:09ののぞみに乗って、まず名古屋へ〜

 名古屋では10分ほどの連絡で9:43発のワイドビューひだ5号。

 普通指定が空いていないので、奮発してグリーンにしたのだぞ・・・っと・・・

 ありゃ・・・

画像



 9:43、ワイドビューひだ5号に乗りたいのに、入線しているのは8:43発のワイドビュー3号ではないか。時計を見てね!


 どうやら東海道線の名古屋近くで人身事故があって、周辺の列車が動けないでいるらしい。

 そろそろ動き始めるらしいが、次の5号がいつ動くのかさっぱり分からない。

 駅員に聞いても埒が明かない。

 3号自体なかなか出る気配がないので、5号を待ってはいつになるか分からない。

 車掌さんに、5号のグリーンに乗る予定だが、時間がさっぱりわからないから、3号のグリーンに乗らせてもらってよいかと質問(半分詰問?!)。

 他のお客さんが来たら移動してください〜

 ということで、3号のグリーンに。 半分くらい空席。

 乗車して5,6分。9:55にようやく発車。

 結局最後まで、他の客は来なかった。

 飛騨川の流れはチラリ見。

画像



 ほとんどうつらうつらしながら、高山に12:30着。

画像


 予定では列車でゆっくり駅弁の予定だったが、名古屋のバタバタで駅弁買えないし、ワイドビューは車内販売がなかったしで、腹ペコ。

 バスの乗り継ぎを一本遅らせて、駅近くの軽食喫茶で、飛騨牛パスタ。

 なにも飛騨牛をミートソースにしなくてもいいのに〜(端っこの切り落としの肉だろうけど)。

画像



 お腹を満たして、13:40発、新穂高15:25着のバスの乗って新穂高に向かった。

 穂高が見えてきたぞ〜

画像



 新穂高近くの深山荘の駐車場横の隧道を通過中、もう少しで終点というところで、おもむろにバスが停まった。

 ”え〜、お客様には申し訳ありません。先ほど、停まるべき場所を飛ばしてしましました。

  あ〜、会社に対応を確認しますので、しばらくお待ちください・・・・”

  え”〜。 あまり遅くなると、テン場に明るいうちに付けなくなるぞ〜


 ”え〜、お客様に申し上げます。この前で一旦Uターンしまして、飛ばしてしまったバス停に参ります。お急ぎの所誠に申し訳ありませんが、何卒ご了承ください〜”

 あ”〜?! すぐにUターンできるところなんてあったけか?


 案の定、新穂高の終点すぐ手前の温泉口まで行ってからUターン。

 大分戻って、飛ばした”足湯”まで大分遠回りして、再び同じ道を新穂高ロープウェイ終点へ。

 20分余りのロスで、15:45分到着。

 やれやれ。やりやり。

 槍が見えた。

画像



 今日の目的地はわさび平のテント場である。

 1時間あまりかかる。

 5時を回れば随分暗くなっちゃうだろ。

 一旦左俣谷を渡り林道を歩くのだ。

画像



 林道の車止めゲート、15:51。

画像



 周辺案内図。

画像



 目指すはわさび平小屋のテン場。明日は奥丸新道を経由して奥丸山を目指すのだ。


 北アルプスの山並みが見えてくるので、気持ちはワクワク。

画像




 崩壊が激しい山域でもあり、砂防堰堤群が出迎えてくれる。

画像



 なかなか迫力ある左俣谷。

画像



 日が陰ってしまったので、鮮やかさはないが、うっすら紅葉も見ることができた。

画像



 夕陽に浮かぶ山(左手のピーク)が、明日の目的地の奥丸山である。

画像



 大きなブナが出迎えてくれた。

画像



 赤いツタウルシ。

画像



 16:40にわさび平小屋に到着。

 どうやらまだ明るい。

画像



 テント一張り400円也。

 テン場は、小屋手前を横手に入った広場だという。

画像



 ブナ林に囲まれた結構広いテン場だった。

 概ね平な地面で、コンディションは上々。

画像



 今回のテントはアライテントのエアライズ2。

画像




 テントをしつらえたら、晩飯だ。

 18:00を過ぎ、晩飯の支度をする頃には当たりは暗くなっていた。

画像



 メニューは。”タイ鶏肉のガバオ炒めとタイ風チキンライス カオマンガイのチンすれば出来上がる奴に鶏肉のささみ、人参、ナスを入れてリゾット風に和えたものだ。

画像



画像



 肴には、ペットボトルに仕込んだシチリアワインに、3種チーズ盛り合わせ。

画像



 LEDカンテラをストック3本を組み合わせて吊るして、いい感じに。

画像



晩飯終わって当たりは真っ暗。

 空には星々が!

 北西の空・・・

画像



 はくちょう座やこと座が写っていた。

画像





 ちょっとアングルを変えて・・・

画像



 まだ時間が速いので、夏の大三角形が見えていたんだ。

画像





 北側にアングルを向けると・・・、ああカシオペアだ。

画像



 微妙に木に隠れながら、アンドロメダ大星雲が見えていた。

画像




 もう少し上を見てみよう。

画像



 ケフェウス王の姿など・・・。 とかげ座なんてのも愛嬌あっていいね。

画像





 月齢7.6の月が上がってきた。

画像




 明日の朝は4時起きだ。

 まだ20時くらいだけど、なんやかんや疲れたし、寝るぞ・・・


画像





 2日目に続く・・・・・






 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
奥丸山とはまた渋くて玄人好みの選択!わさび平への道は記憶も新しいところですが、だいぶ紅葉も下がっているようで。アプローチでのハプニングはお疲れ様でした。南アからも槍穂は良く見えてましたので素晴らしい展望だったことでしょう。続きが楽しみです。
trekker-k
2013/10/24 23:04
trekker-kさん>ども!前から行ってみたかったところです。素晴らしい景色のところでした。一晩ずっといたら、メガスターのプラネタリウムみたいな所だと思います。できれば午後の光のなかで行きたかったですが、時間の関係で午前中だったので、槍穂高はシルエットでした〜
azm
2013/10/24 23:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋の奥丸山 その1 行くまでがまた大変 ベランダ畑、時々山から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる