6月花の八ヶ岳 その1

 八ヶ岳植物観察会。
 珍しいホテイランばかりでなく、色々な花々に出会えた有意義な観察会だった。

■チョウセンゴミシ(朝鮮五味子)
モクレン科マツブサ属。山地に自生する落葉性のつる植物。果実が、秋に赤く熟す。この果実が五つの味がする。不思議な果実だ。昨年秋に初めて実を齧った。今回初めて花に出会った。白く小さな花だった。

画像


画像



■ルイヨウショウマ(類葉升麻)
キンポウゲ科キンポウゲ科。ルイヨウとは「類葉」、「升麻」はサラシナショウマの漢名で、サラシナショウマの葉に似ているところからついた名前だという。

画像



■イカリソウ(碇草)
メギ科イカリソウ属。これはやけに色の白っぽいイカリソウだった。今年はよくイカリソウを見る。櫛形山、春の八ヶ岳、そして今回。

画像



■ベニバナイチヤクソウ(紅花一薬草)
イチヤクソウ科。赤花のイチヤクソウの意。「一薬草」は全草が薬用として用いられるところからついた名前だという。赤い玉のような花が可愛い。

画像



■ミヤマハンショウヅル(深山半鐘蔓)
キンポウゲ科。今回初めて見た。ぼってりした暗紫色の花だ・と思ったら花のように見えるのが4枚の萼片で、内側にあるのが白い花弁なんだと・・・。不思議な花だ。
こいつもキンポウゲ科だぜ!なんと幅の広いやつらなんだろ。

画像


画像



■アイヅシモツケ(会津下野)
バラ科。白い花が美しい。

画像


 平行立体視で。

画像



つづく・・・・・・


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック