テーマ:雲のある風景

夏山の思い出

  岩峰の頂に風夏の朝 二年前の八月半ば、剣岳に登った。 夜明け前に出発して山頂で朝。山頂が目的ではなく八峰のクライミングが目的だつた。 しかし、八峰に着いたころにはバテバテで、クライミングはあきらめざるをえなかった。 その年の7月はじめには、左手にかすかな異常をかんじていた 。 そのため、疲れが増したのだろうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016/11 三ツ峠NW 雪の三ツ峠

 しばらく更新が滞りました。  ちょっと古いですが溜まっている記事を随時更新。  今回は2016/11/26-27の三ツ峠のお話。  ボランティアで参加している三ツ峠NWの例会でした。  行きの電車が遅れたりのアクシデントがあったものの、石和温泉駅でYmtさんの車に拾ってもらい登山口へ。  登山口は雪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みずがき山自然公園 8月

  いやはや、もう10月も終盤。  ブログが追いつかない今日このごろ。  8月22,23日の土日に、みずがき山自然公園でテン泊しながらボルダリングをしに行きました。  二日目は朝の雨で、ボルダリングを諦め、帰り道の塩川ダムでまったり。  今回は、当日の日記と写真で... 2015/08/22 土曜日、休…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盛夏の針ノ木岳縦走 その7 鳴沢岳から新越山荘へ

・・・承前。  12:35、赤沢岳を(またまた)降りて、鳴沢岳に向かう。  だいぶ降りて振り返る。  意外と険しく見える。  おやおや。行く手に青いヘリコプター。  行き過ぎたと思ったら、向きを変えて戻ってきた。  しかも、人が乗り出して、救助用のワイヤーを下ろそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年7月の三ツ峠 その3  朝 

 ・・・承前。  2015/7/19の朝。  富士山は雲から出たり入ったり。  早速、ムービーで。  4:28、日の出少し前。    日の出は屏風岩の北側からだ。  日が出る方面が赤く染まった。  屏風岩も雲に隠れたり、出たり。  雲が切れた一瞬。より…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年7月の三ツ峠 その2 雲の彫刻師

 ・・・承前。  このブログでも何度も書いているが、好きなSF作家の一人、J.G.バラード。  結晶世界とか沈んだ世界、燃える世界など、異形の世界を描いた長編で有名だが、短篇集も捨てがたい。  特に好きなのは、ヴァーミリオン・サンズというヴァケーション・リゾートを題材にした短篇集。  その中に、コーラル・Dの雲の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩秋の三ツ峠 その4 夜が明けていく... 

 ・・・承前。  2014/11/16朝。  夜中起きて、その後うつらうつらとしていたら5:30。  おお、もう薄明が始まっている。  いそいそと山荘前のテラスへ。  日の出は6時17分くらいだ。  もう東の空はオレンジ色に光り始めていた。  夜明けを求め、テラスに皆集まってくる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北アルプス鳥瞰 ~出雲へ

 大分寒くなりました。  今回は、11/20、出張で出雲へ飛んだときのお話。  久々の飛行機。  しかし・・・、間際の予約で生憎窓際は取れなかった。  で、右側(これが重要)のクラスJを予約して貰った。  快晴の朝。 西高東低の冬型。  日本海側は雲だらけだろうな・・・ …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

西穂高岳~ジャンダルム~奥穂高、そして涸沢カール紅葉 その14 最終回 上高地へ

 いやはや、またしばらく時間が空いてしまいました。  里の紅葉も大分進んできましたね・・・  さて、西穂山稜山行記録も漸く今回が最終回。  涸沢を離れ、上高地へ・・・・  名残惜しい涸沢の絶景をあとにして、下山。  赤い実のなったオオヒョウタンボク。ツ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

西穂高岳~ジャンダルム~奥穂高、そして涸沢カール紅葉 その11  馬の背から奥穂高岳山頂

 ・・・承前    憧れのジャンダルムをあとに、緊張のロバの耳を越えたあと・・・・  奥穂高岳への道のフィナーレは・・・  馬の背である。  その名の通り、馬の背中のような狭いリッジをよじ登るのだ。  さあ、馬の背だ~  両側は切り立った崖。300…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

西穂高岳~ジャンダルム~奥穂高、そして涸沢カール紅葉 その10 憧れのジャンダルム、そしてロバの耳

    ・・・・・・承前。   ジャンダルム直下。   幸い霰はすぐに止んだ。   ジャンダルムの黒い岩綾はガスに巻かれていた。   ジャンダルム。  衛兵の意。   奥穂高岳の前衛だる朗々とした姿の鋭鋒。   ジャンダルムの取り付き。   ここから登りだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西穂高岳~ジャンダルム~奥穂高、そして涸沢カール紅葉 その9 畳岩尾根ノ頭~コブ尾根ノ頭

  承前・・・・・  さて天狗岳(天狗ノ頭)からはまたまた、また、下り、天狗のコルに向かう。  そこからこのルートで一番長い登り道に入り、畳岩尾根の頭、さらにコブ尾根の頭を目指す。  相変わらず険しい岩綾が続く。  天狗のコルに降りる直前の垂壁。  下に見…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

西穂高岳~ジャンダルム~奥穂高、そして涸沢カール紅葉 その8 天狗ノ頭へ

 承前・・・・  間ノ岳から間天のコル(間ノ岳と天狗ノ頭の間の鞍部)に向けて下る。  この斜面も脆い。  浮き石が多い。  クライムダウンで・・・・・                  Photo By Skn、 Thanks!  こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西穂高岳~ジャンダルム~奥穂高、そして涸沢カール紅葉 その7 間ノ岳へ

 承前・・・・・  赤石岳を後にして、そう、また下る。  雪が付いているので、足元をよく見て慎重に下る。  足元が悪いところ。  眼下の谷には雲がわき起こっている。  上高地も低い雲の下。左から霞沢岳、遠く乗鞍岳そして焼岳もガスに煙っている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西穂高岳~ジャンダルム~奥穂高、そして涸沢カール紅葉 その6 赤石岳

 承前・・・・  西穂高岳を下り、さらに小ピークを乗っ超す。  この辺まではまだ直ぐ後に後続部隊が大勢いたんだな・・・  うう、先は長い。  ま長いだけ、岩稜歩きを楽しめるというものさ。  カシミール3Dで・・・(旅レコでGPSログが取れなかったことがほんと悔やまれる~)。  白矢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西穂高岳~ジャンダルム~奥穂高、そして涸沢カール紅葉 その5 西穂高岳へ

 しばらく時間が空きました。なかなか更新の時間が取れなくて・・・・  では・・・・  承前。  ピラミッドを降りてからまた何度も登ったり、降りたり、急斜面をトラバースしたり。  西穂への登りの途中で振り返る。  チャンピオンピークを下ってから日影になっている飛騨側の急斜面をトラバースしてきたわけだ。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

西穂高岳~ジャンダルム~奥穂高、そして涸沢カール紅葉 その4 独標~ピラミッドピーク

 承前。  想い出がまた一つ積み重なった独標を後にして、前へ。  というか、まず下へ。  とにかくアップダウンの多い山岳ルートなんである。  明るくなるにつれ、山稜の紅葉が次第に赤みをさしてきた。  足元も紅葉・・・  険しいところは山側に身体を向けてク…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

福岡帰り 久々の雲上の旅

 今日は午前中に福岡郊外でお仕事。  夕べの飛行機で福岡入り。  昼前に仕事は終わり。  空港で昼食したり、モバイルPCで資料作ったりして、3時過ぎの飛行機で帰路についた。  飛行機の出張は久方ぶり。  帰りの航路は左側の座席をゲットして貰ったので、久々雲上の旅を味わった。  とはいうものの、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

御岳渓谷雨宿り

 3連休である。  台風の影響があり、本州も天候が不安定。  天候が安定していれば、仙丈岳辺りと思っていたが、雨具を濡らしての登山もやだし・・・・  前回、雨具を濡らしたのは2010年9月の天狗岳(森の学校で黒百合のTさんと,講師のA山さんと風雨の中)。  ということはこの2年、雨具は出してないんだな。ハハ。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

 今日は1日、雲の形の変化が面白かった。  色々な雲が見られて楽しい1日であった。  高い雲と低い雲。  ほんの少し、彩雲に・・・・  西には積乱雲が発達中。  もくもく感がたまらない。  色々な形、人の顔、動物の顔・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 サッカー、イラク戦勝ちましたね!   さて、サッカーを見終わった頃、何やらゴロゴロと音が・・・・  雷だ。  ベランダに出てみると、南東から南で雲が時々光っている。  しばらく見ていると眩しい稲妻。時間をおいて雷鳴。  うーん、良い感じ・・・・・・ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夕景そして月、木星

 夜中を過ぎた。  昨日の午前中は陽射しがありながらの雨が何回かぱらぱら。  いくぶんか陽射しも弱まってきたか。  夕方、かなり爽やかなになるようになった。  西に綺麗な夕焼け。  東に赤く染まった積乱雲。  陽が沈むとともに、しぼんでいった。  日没・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨雲

 しばらく居座っていた高気圧が東に移動し、今日は本州全体が不安定な天気だったようだ。  11時頃の雲の様子。  妖しげな雲に覆われた空だったが、ところどころに青空。  夕方17時頃の西の空。    南から西にかけてのパノラマ。  果心居士(byスケ番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルームーン

 あやや、9月になっちまったぜぃ!    今晩のお月さん。  満月である。  時折薄い雲のベールをかぶる。  南中時刻は23時35分。  月の満ち欠けの周期は29.5日である。  つまり....  今年の8月は2日と31日に満月が見られたわけだ。  ひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瑞牆ボルダー 2012/07/28-29 その1 四ノ谷エリア

 瑞牆山。  読めるだろうか?  みずがき-やま。山梨の山、奇岩で有名、深田久弥の百名山の一つでもある。  7月の最後の土日に瑞牆山に出かけた。  といっても登山ではない。瑞牆山にはこれまで2回ほど登っているが、今回は麓のボルダーエリアが目的地だ。  韮崎からレンタカーで、瑞牆山の麓に向かった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

桜島

桜島です~ 残念ながら頂上は隠れています。 梅雨末期の九州ですが、なんとか天気は持ちそうな予感、いえ予報。 今日は鹿児島観光のあと、指宿に向かいます(^-^)/
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

台風一過の吊し雲

 6/19夜半、台風4号の風雨が吹き荒れた。  翌朝。  台風一過。  晴れ、風強し。  丹沢の向こう、富士山方面に巨大な吊し雲があった。    今までに見た中でも最大級の吊し雲だ。  他のブログ等をみるとどうやら台風の吹き返しの強い風で、富士山の東側に山岳波が形成され、…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

夕陽

 冬の晴れた日の夕陽は綺麗だ。  残照もまた佳き哉。  富士山もシルエット。  群青から橙、そして黒の広大なスクリーン。  総天然色パノラマ。  (と書いて、遠い昔、京橋にあったテアトル東京を思い出した・・・)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明けましておめでとうございます

 2012年 壬辰元旦。  明けましておめでとうございます。  昨年は東日本大震災や各地の大雨による土砂災害など天変地異の多い年に加え、未曾有の原発事故で痛ましいことの多い年でした。  なので、単に年が明けたからおめでとうとは言いにくいところもありますが、今年こそはめでたい年にしたいものと思う新年元旦の朝なのであります…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

下弦の月 二十二夜

 皆既月食から早、1週間が立とうとしている。  早い、早い。  今晩は二十二夜、下弦の月。  シーイングの良い夜空。  帰り道、オリオンが天高く、真上にカストルとポルックス。  ぎょしゃ座・・・  すばる・・・  ペルセウスに、カシオペア。 だんだん思い出してきた。  そして、東の空に、お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more